自分のお気に入り映画の感想を綴るブログです

menu

ときどき映画の感想ブログ

映画「ゼログラビティ」のあらすじとネタバレありの感想

ゼログラビティの感想

2013年12月13日に公開された
パニックSF映画「ゼロ・グラビティ」

早速、観てきましたので感想を書きたいと
思います。ネタバレしてますのでご注意を(・∀・)


ゼロ・グラビティのあらすじ

宇宙空間での船外作業をしていた
ストーン博士(サンドラ・ブロック)と
船長のマット(ジョージ・クルーニー)。

とある衛星の破片がシャトルに向かっている
という連絡を受け避難しようとしますが
間に合わず、宇宙空間へ投げ出されてしまう。

このまま宇宙の塵となるのか、無事地球へ
帰還することが出来るのか?
という内容です。
宇宙空間というだけで危険だらけの任務ですが
そこへ突然飛来する衛星の破片が主人公達を
襲います。この衛生はロシアが所有する衛星
らしく、スパイ活動に使われていたらしい。

ロシアは証拠隠滅のため、衛星にミサイルを
打ち込んだ結果、その破片がメテオのように
飛んでくるわけです。

ロシアを絡めちゃう所がさすがアメリカ映画と
言った感じですね。

そして、
パニック、死への恐怖、絶望、断念・・・。
全編通して主人公の気持ちになれる
視覚効果もみられ、生還するまでは
固唾を呑んで見守る映画。
パニック映画としては中々良かったです。

感想とネタバレ

スタートからもの凄い音量で
「音でけーよw」と思ったら、
その後の静寂を引き立てる演出の一つでした。

本編に2回ほどこのような、
大音量→静寂のシーンがありますが
果てしなく広がる真っ暗な宇宙は
不気味なほど静か。そんな場所に
放り出されてしまったらと思うと
それだけでも恐怖を感じますね。

そして現実的に物事を考えるストーン博士に
対して楽観的なマットの対比がよく出ています。

ストーン博士の宇宙服の酸素量が残り
少ないのに世間話をするマット。

彼なりに落ち着かせるための
配慮かもしれませんが、残り2%の
酸素量を見れば世間話などしている
心理状態ではありません(;・∀・)

二人の性格はある意味バランスが
とれていますが、この時点で少し
パニック度がトーンダウンしてしまいます。

そして二人共助かるのかと思いきや
マットが途中で脱落してしまう。
(状況的には助けられたのでは?
というような終わり方です。)

ここからがストーン博士の孤独な
戦いが始まりますが、もうほとんど
酸素が残されていない!

何とかステーションの内部に入ることに
成功した博士は宇宙服を脱ぎ捨てます。

タンクトップと短パンの姿になりますが
脱ぎ捨てるシーンは色っぽいです(・∀・)

そして浮きながら膝を抱えてうずくまりますが
これが母親のお腹の中に居る胎児の
格好そのもので、ケーブル類がへその緒
役割を果たし、美しい演出をしてくれました。

このシーンはある意味重要な部分なのかなと
思っています。パニック映画の中の唯一の
安らぎと静寂なシーン、宇宙の神秘と生命を
表わしていたのではと感じました。

ちなみにサンドラ・ブロックは2013年で49歳。
年齢を感じさせないプロポーションですよ。
しかし彼女もそんな年なんですね、
デンジャラス・ビューティーのイメージが強く
男勝りでかっこいい女性という印象。
変わらないですね(・∀・)

ゼロ・グラビティ、後半のネタバレ

他国の宇宙ステーションに乗り込み
地球に帰還しようとしますが燃料がない。

絶望の淵に立たされた彼女は諦めようと
します。しかしマットの幻想が現れ
励まされ、再び生きる希望に火を灯し
地球への帰還を試みます。

ストーン博士は無事地球に帰還出来ましたが
湖に落ちた機体は沈んでしまいます。
ココでも宇宙服を脱ぎ捨てるシーンが
ありますがやっぱり美しい(・∀・)。

なんとか陸まで泳ぎ切りますが
重力の関係で体が思うように動けません。
しかし寝そべりながら土を握りしめる姿は
地球に帰還できた歓びを最大限に表現された
シーンでホッとした瞬間でした。

まとめ

海外でも高い評価を得ている作品だけあって
パニック作品として強弱がしっかりした
内容に仕上がっています。

こういった映画にありがちな主人公目線の
カメラワークは健在で、多用していないのは
正解かもしれません。画面の揺れは
酔いますからね(;・∀・)そういった意味では
同じパニック映画の「キャプテン・フィリップス」
はこれでもかと使っています。

ただ、手に汗握る緊張感やリアリティは
キャプテン・フィリップスの方が
上のような気がします。
実話を元に制作した作品ですからね。
極限まで追求した作品です。

こちらに感想書いていますので
良かったら見て下さいね↓

映画「キャプテン・フィリップス」の感想・ネタバレ

最後までお読み下さいまして
ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

お問い合わせ

何かありましたらお気軽にこちらからご連絡下さいませ。
お問い合わせ
免責事項
サイトマップ