*

ジョーダン・ベルフォートの今現在は講演活動、実話の結末も壮絶か

公開日: : 最終更新日:2014/07/29 映画の感想, 海外ニュース


ジョーダンベルフォートの現在
映画「ウルフオブウォールストリート」の
原作者であり、作中の主人公でもある
ジョーダン・ベルフォートについて
ご紹介したいと思います。

現在、彼はどうしているのでしょうか?
そして実話として描かれた映画は
まさに壮絶な物語ですが、実際には
どのような半生を生きてきたのか?

Wiki的なプロフィールなども合わせて
ご紹介したいと思います。


ジョーダンベルフォートの生い立ち

1962年7月9日に、ニューヨーク、クイーンズで生まれたジョーダンベルフォールは1980年代に、肉や魚介類事業を展開。早い年齢でセールスマンとしての天性の才能を持っていた。その会社が破産した後に、ベルフォールは、1987年に株式の販売を始めました。
(引用元:http://www.biography.com/people/jordan-belfort-21329985
バイオグラフィーと言う事で
ジョーダンベルフォートに関する歴史が
詳しく書かれていましたので引用しながら
ご紹介したいと思います。

英語のウィキペディアによると、
母親は会計士で後に弁護士となったと
記されています。

10代の頃、既にセールスマンとして
才能を持ち、25歳で投資会社の運営を
開始、貯金0から億を稼いだ
とんでもない男ですが・・・。
ジョーダンベルフォートは自身が経営する投資会社ストラットンオークモントを通じて、1990年代に投資家から数百万ドルをだまし取った疑いで証券取引委員会(SEC)がこれに着手。1992年から1999年という長い年月を経て、ようやく彼は罪を認めた。
(引用元:http://www.biography.com/people/jordan-belfort-21329985
投資詐欺及びマネーロンダリング
の罪で4年と1.1億ドルの賠償の実刑判決が下りますが
結局22ヶ月で、しかも警備が軽い
刑務所から出てきたといいます。

 

映画のように豪遊、そして薬・・

大金を手にしたベルフォートは贅沢な生活をしていました。彼は金に糸目をつけなかったようで、大邸宅、スポーツカー、および高価なおもちゃを買いあさったといいます。 また、薬にも手を出してしまい、常習的になっていたといいます。 その影響からか、度々事故を起こし、自身の庭に自家用ヘリコプターを不時着させたり、ヨットも沈没。 そうした彼の薬物依存症により2度に渡り離婚する結果になったといいます。
(引用元:http://www.biography.com/people/jordan-belfort-21329985
映画でもレオナルドディカプリオが
豪遊さを熱演していますが、
会社のオフィスは無法地帯化していたといいます。

また従業員に対して、

「力尽きるまで顧客に電話をかけ続けろ!」

というとんでもないモットーのお陰で
短期間の間に莫大な利益を生み出した
というのですが、やっったことは詐欺ですからね・・。

しかも彼の悪質なところは、
投資詐欺に留まらず、
マネーロンダリングも行っていた事です。
違法な資金の出処を分からなくする
手口のお陰で、8年あまりも無駄に時間を
費やしてしまった、言い換えれば
携わった当局や弁護士の涙ぐましい努力が
数年後しで実ったということです。
(実って無いですけどね・・・。)

詐欺被害額は約200億円と言われています。

出所後は?

ジョーダン・ベルフォートは、
2006年4月に出所し、2008年には
「ウルフオブウォールストリート」を出版、
翌年にも2冊めとなる逮捕後の人生を
描いた作品を出版。
Catching the Wolf of Wall Street

そして今回、2013年にアメリカで公開された
映画「ウルフオブウォールストリート」
(日本は2014年1月31日)
の収益で賠償金を支払ってはいますが、
ジョーダン・ベルフォートに課せられた
賠償金は1.1億ドル(約100億円)です。

もう少し詳しく調べてみると、
連邦検察官によると、ベルフォートは2003年に言い渡された判決の賠償要件を満たしていません。 協定は、彼がだました1,513人のクライアントへの賠償に対して収入の50%を支払うよう命じています。現在、1160万ドルが支払われたようですが、その内の1040万ドルは彼の売却した資産とのこと。
2013年10月、2冊の出版や映画の権利の売却による1767209ドル、プラス講演活動から追加24000ドルの収入があったベルは、過去にわたってのみ243000ドルの賠償を支払った訴状を提出しています。
(引用元:英文ウィキペディア)
一生かけても全額支払うことは不可能ですが、
彼に収入があるかぎり
賠償金として支払い続ける義務がある
ということですね。

ジョーダン・ベルフォートの現在は?

ジョーダン・ベルフォートと婚約者
(プレミア試写会に姿を表したジョーダンベルフォートと
フィアンセ)

ベルフォートは現在、アメリカのロサンゼルスに
住んでいて、自己啓発プログラムの
販売会社を経営、講演活動も行っている
とのこと。

プロフィール
名前 Jordan Ross Belfort
生年月日 1962年2月9日
出身 ニューヨーク、クィーンズ区
ニックネーム ウォール街の狼(The Wolf of Wall Street)
職業 ライター、ジャーナリスト、起業家
 

まとめ

レオナルドディカプリオ主演の映画
「ウルフオブウォールストリート」は3時間と
長丁場ですが、ジェットコースターのような
ストーリー展開であっという間に終ってしまう
とのこと。彼の壮絶な半生を描いたギリギリな
部分もあると思いますが、楽しめる作品である
ことは間違いなさそうです。

しかし、現実世界では今でも完全に
被害にあった方への返金は完了しておらず
このタイトルを見るだけで虫酸が走る方も
いらっしゃるだろうと思うと複雑な心境です。

映画はみたいですけどね・・・。

映画の感想を皆さんに伺いました!↓

ウルフオブウォールストリートの評判と感想

レオ様のプライベートはコチラ↓

レオナルドディカプリオの恋愛遍歴



関連記事

eigakansou0

映画「永遠の0」女目線の感想ネタバレ考察、涙は拭わず没頭する結末

40代女性が原作は読まずに 映画を観に行って来ました。 ハンカチとティッシュ準備万端で。

記事を読む

映画ダイバージェントの感想

映画「ダイバージェント」の感想「主演女優の演技に感動」

ネタバレしますのでご注意ください(・∀・) 7月11日に公開となった映画「ダイバージェ

記事を読む

eigakansou03

かっこいい!岡田准一の胸を打つ演技力と表情「永遠の0」感想・評価

カッコイイだけじゃない 俳優・岡田准一さん。 大好評の映画『永遠の0』を 岡田准一さん

記事を読む

ウォーキングwithダイナソー

映画「ウォーキング with ダイナソー」感想、子供向け

2013年12月20日に公開の映画 「ウォーキング with ダイナソー」を 観てきまし

記事を読む

eigakansou14

綾野剛主演・映画「そこのみにて光輝く」女性目線の感想、意味考察も

綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉が演じる「そこのみにて光り輝く」R15+。 私には、苦手なタイプ

記事を読む

ホビットの冒険「竜に奪われた王国」

映画「ホビット竜に奪われた王国」皆の感想と評価「ラストそれはないわw」

2月28日に公開となる映画 「ホビット 竜に奪われた王国」の 試写会を観に行かれた方の感

記事を読む

ノア

映画「ノア約束の舟」感想(結末あり)と皆の評価は、聖書と違う?

ネタバレしますのでご注意を(・∀・)! 6月13日に公開された映画 「ノア~約束の舟

記事を読む

eigakansou35

ジブリ映画「思い出のマーニー」観ました!ネタバレなし版・感想まとめ

ついに公開日!スタジオジブリ映画「思い出のマーニー」 朝イチから観に行ってきました。 今

記事を読む

eigakansou09

「青天の霹靂」原作感想、映画主題歌ミスチルのタイトルも意味深げ

劇団ひとりさんが書いた小説 『青天の霹靂』が映画化、ということで読んでみました。 小説は

記事を読む

映画「her 世界でひとつの彼女」

映画「her 世界でひとつの彼女」の感想と皆の評価まとめ

ネタバレしますのでご注意ください(・∀・) 6月28日に公開された映画 「her 世

記事を読む

Message













最新ドラマネタ

映画情報







テラスハウス





PAGE TOP ↑